コンテンツにスキップする

SEC、コインベースに提訴や行政処分の可能性警告-暗号資産商品で

The headquarters of the US Securities and Exchange Commission (SEC) is seen in Washington, DC, January 28, 2021.(Photo by SAUL LOEB / AFP) (Photo by SAUL LOEB/AFP via Getty Images)

The headquarters of the US Securities and Exchange Commission (SEC) is seen in Washington, DC, January 28, 2021.(Photo by SAUL LOEB / AFP) (Photo by SAUL LOEB/AFP via Getty Images)

Photographer: SAUL LOEB/AFP

米暗号資産(仮想通貨)交換業者コインベース・グローバルは、暗号資産で利息が得られる金融商品の募集を開始した場合、民事提訴ないし行政処分の手続きに着手する可能性があると米証券取引委員会(SEC)から警告を受けた

  コインベースは、いわゆる「ウェルズノーティス」をSECから受け取ったことを明らかにした。同社はブログでSECの動きに驚きを示し、金融商品「レンド」の募集開始を少なくとも10月になるまで延期する予定だと説明した。

  同社のポール・グレウォル最高法務責任者によれば、SECはレンドの順番待ちリストに掲載された全員の氏名と連絡先の情報も提供するよう求めたという。

  ブルームバーグ・ニュースが夜間に電話と電子メールでSECに問い合わせたが、これまでのところ返答はない。

  

原題:Coinbase Gets Wells Notice From the SEC on Lend Product (1)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE