コンテンツにスキップする

麻生財務相、歳出と歳入両面に取り組む人が良い-自民次期総裁

更新日時
Taro Aso, Japan's deputy prime minister and finance minister

Taro Aso, Japan's deputy prime minister and finance minister

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

麻生太郎財務相は7日の会見で、自民党次期総裁について、「歳出と歳入の両面を考えてしっかり取り組んでくれる人が一番良い」と語った。

  麻生氏は、経済再生と財政健全化の両立は必要との考えを改めて示した上で、財政健全化が滞ると日本の為替に対する信頼を失い、「一挙に円安になったり、インフレになったりしかねない」と指摘。「国民生活に影響を与えるため、確実に安定したものでやっていく必要がある」と語った。

石破元幹事長が河野氏支援を検討、総裁選不出馬で調整へ―報道 

  30兆円規模の経済対策が必要との声が候補者から出ていることについては、「内容が分からないと答えようがない」と述べる一方、一律10万円給付のような対策が含まれているなら「とてもそんな話は飲めません」と語った。

その他の発言
  • MMTに付き合うつもりはない
  • 尊重すべき判断-菅首相の総裁選出馬見送り
  • 菅政権の総括をするのはまだ早い
  • 国際社会の中で評価は高い-菅政権のコロナ対応
(詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE