コンテンツにスキップする

ワクチン接種証明をスマホで、「準備はできている」-平井デジタル相

平井卓也デジタル相は5日午前民放のテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチン接種証明書のデジタル化について、「準備はできている」とし、年内には実行可能であることを明らかにした。

  平井大臣はフジテレビの「日曜報道ザ・プライム」に出演し、ワクチン接種のデジタル証明について、スマートフォンのアプリでQRコードを表示して情報を読み取ったり、テキストで示すこともできるとし、政府が決定すれば「いつでもできる」と述べた。

  相次ぐ緊急事態宣言で飲食店などが休業や時間短縮営業を迫られている。感染拡大防止と経済社会活動の正常化に向け、ワクチン接種証明により行動制限を緩和する狙いで、マイナンバーの活用や、「ワクチンパスポート」の電子化が議論されている。

  日経新聞は同日、菅義偉首相と全閣僚が出席するデジタル社会推進会議を6日に開き、ワクチンパスポートの電子化方針を決めると報じた。12月中にできるだけ早く電子証明書を発行するとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE