コンテンツにスキップする

女子テニスの大坂なおみが休養示唆、全米オープン3回戦敗退後

  • 「しばらくプレーを離れると思う」-10代のフェルナンデスに敗退後
  • メンタルヘルス不調で全仏オープンを棄権している

女子テニスで世界ランキング3位の大坂なおみは3日、全米オープンのシングルス3回戦敗退後、しばらく競技を離れる予定だと語った。

  大坂は今年最後のグランドスラム(世界4大大会)で、シード選手ではないカナダの10代のレイラ・フェルナンデスに3セットで敗退。その後の記者会見で、「しばらくプレーを離れると思う」と語った。「誰もが対処すべき何かを抱えていると思うけれど、私もそうです」と続けた。

2021 US Open - Day 5
全米オープンでの大坂なおみ(9月3日)
写真家:Elsa / Getty Images

  大坂は今年に入り、試合後の記者会見参加を巡りトーナメント関係者と対立して全仏オープンを棄権。会見に出なければならないことが心の不調を悪化させると説明していた。

参考記事

大坂なおみ全仏棄権、トップアスリートの心の健康リスク浮き彫りに

大坂なおみ、全仏オープン棄権を表明-最善の選択とツイート 

 

 

原題:
Naomi Osaka Considers Break From Tennis After U.S. Open Defeat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE