コンテンツにスキップする

菅首相が総裁選不出馬、首相も辞任へ-コロナ対策と「両立できず」

更新日時
  • 岸田氏が出馬表明、高市氏も意欲、河野氏も検討と報道
  • 菅首相は来週にも改めて会見、総裁選は29日投開票

 菅義偉首相は3日、自民党総裁選に立候補しないと表明した。首相も辞任する見通し。

  来週にも改めて会見する。新型コロナウイルス対策に専念するという。

菅首相の発言

「自民党役員会で、新型コロナ対策に専念したい、そういう思いの中で自民党総裁選挙には出馬しないと申し上げた」

「出馬を予定する中で、コロナ対策と選挙活動を考えた時に実際、莫大(ばくだい)なエネルギーが必要だった。そういう中で、やはり両立はできない。どちらかに選択すべきである」

「感染拡大を防止するために私は専念したいと判断した。また来週にでも改めて記者会見したい」

  自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)には、岸田文雄前政調会長がすでに出馬表明しているほか、高市早苗前総務相も意欲を示している。日本経済新聞によれば、河野太郎行政改革担当相も出馬を検討している。

JAPAN-POLITICS
総裁選不出馬を表明する菅首相(3日・官邸)
Photographer: Behrouz Mehri/AFP/Getty Images.

  日本大学大学院の岩井奉信講師は、党内では役員を入れ替えても衆院選には勝てないとの意見が多く、「役員を引き受ける人がおらず、追い込まれてしまった」との見方を示した。菅首相の不出馬で総裁選に手を挙げる人は増える可能性があり、党員人気が高い石破茂元幹事長の動向も注目されるが、「岸田氏が有利であることは間違いない」とも指摘した。

  クレディ・アグリコル証券の森田京平チーフエコノミストは、岸田氏が首相になる可能性は高まったとした上で、「経済政策、財政政策、金融政策でなにか大きな方向性の変化があるとは思えない」と説明。岸田氏が強化を明言するコロナ対応に変化があるとの見方を示した。

 今後の政治日程
9月5日東京パラリンピックが閉幕
9月12日東京などへの緊急事態宣言の期限
9月17日自民総裁選告示
9月29日自民総裁選投開票
9月30日自民党総裁の任期満了
10月21日衆院議員の任期満了

  菅首相は昨年9月、体調不良で辞任した安倍晋三前首相を引き継いだ。コロナ対策では緊急事態宣言を発令してワクチン接種を進めているが、感染は収まっていない。コロナ禍の五輪開催には批判も出ていた。

   一方、携帯電話料金引き下げやデジタル庁の設置、温室効果ガス排出を2050年までに実質ゼロにする「脱炭素宣言」も行った。4月にはワシントンを訪問し、バイデン大統領が初めて対面会談する外国首脳となった。

  NHKの世論調査で発足当初62%あった支持率は8月の調査で29%と政権運営が困難な「危険水域」といわれる30%を割り込んだ。地元で行われた8月の横浜市長選で自身が支援した候補が敗れたほか、4月の衆参補選・再選挙などでも自民党候補の敗北が続いている。 

 

(菅首相の発言を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE