コンテンツにスキップする

ダリオ氏のヘッジファンド、年金基金が外す可能性も-リターン低調で

  • ブリッジ・ウォーターは加州オレンジ郡向けに1億7500万ドルを運用
  • 2005年より後のリターンは年率4.5%-ベンチマーク下回る

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

210億ドル(約2兆3000億円)規模を運用する米カリフォルニア州オレンジ郡の年金基金は、資産家レイ・ダリオ氏のヘッジファンドを投資先から外す可能性を検討している。ダリオ氏のファンドは過去16年間の大半において、運用成績がベンチマークを下回っている。

  オレンジ郡職員退職年金基金(OCERS)は、ダリオ氏率いるブリッジ・ウォーター・アソシエーツのファンド「ピュア・アルファ」に投資しているが、2005年より後のリターンは年率4.5%と、ベンチマークを約2.5ポイント下回る。同基金のコンサルティング会社メケタ・インベストメント・グループの文書をブルームバーグが確認した。過去5年間にピュア・アルファのリターンがOCERSの目標を上回ったのは一度のみ。過去7年、および過去10年のベースではいずれも目標に届いていない。

  OCERSのモリー・マーフィー最高投資責任者(CIO)は、ピュア・アルファを同基金のウオッチリストに載せるよう提言。25日付の文書によれば、メケタのコンサルタントらもそれに賛同した上で、「必要に応じて代替となり得る投資先について評価を行う」としている。

Long-Term Laggard

Bridgewater's Pure Alpha strategy has trailed the benchmark in recent years

Source: Orange County Employees Retirement System

Notes: Year-to-date return is through June 30; benchmark has been Treasury bill rate plus 5 percentage points since June 2010

  ブリッジウォーターがOCERS向けに運用している資産は1億7500万ドルと、同社のヘッジファンド全体の運用額(約1050億ドル)を考えればほんのわずかだが、これまで長期間続けてきた投資先をウオッチリストに加えるというメケタの推奨を受けて、他の顧客にも同様の動きが広がる恐れがある。メケタは有数の投資コンサルティング会社で、助言を手掛ける資産は総額1兆6000億ドルに上る。

Dalio Says Central Banks Are Losing Ability to Reverse Downturns
レイ・ダリオ氏
 

  アルファ・キャピタル・マネジメントの責任者ブラッド・アルフォード氏は、「通常、コンサルティング会社がある顧客向けに資産運用会社をウオッチリストに載せた場合、そのコンサルティング会社は他の顧客向けにも同様に動く可能性が高い」とし、「これはブリッジ・ウォーターにとって厄介な問題になりかねない」と述べた。

  ブリッジ・ウォーターの広報担当はコメントを控えた。メケタのコンサルタントには電子メールで追加のコメントを求めたが、返答はない。

原題:Dalio’s Hedge Fund Risks Being Dumped by Pension on Weak Returns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE