コンテンツにスキップする

バイデン大統領、ウクライナへの関与継続を約束-対面で初の首脳会談

  • エネルギー安全保障は「欧州全体にとって重要」とゼレンスキー氏
  • 米、ウクライナに6000万ドルの安全保障支援を提供-ワクチンも寄付

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は1日、ホワイトハウスでウクライナのゼレンスキー大統領と初の対面での首脳会談を行い、米国は「ロシアの侵略に直面するウクライナの主権と領土保全にしっかりと関与し続ける」と表明した。

  ゼレンスキー氏は米国からの新型コロナウイルスワクチン寄付と新たな6000万ドル(約66億円)規模の安全保障支援パッケージに謝意を表した。また、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟を巡りバイデン氏の協力を求めた。

President Biden Hosts Ukraine's President Zelenskiy
バイデン米大統領とウクライナのゼレンスキー大統領(左)、ホワイトハウスの大統領執務室で会談(1日)
 

  ゼレンスキー氏はロシアからウクライナを迂回(うかい)してドイツに天然ガスを輸送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」の始動により、エネルギー安全保障は「ウクライナだけでなく、欧州全体にとって重要になる」と指摘した。

  また、ドンバス地方における親ロ派勢力との7年にわたる武力紛争の終結に向け、和平交渉への米国のさらなる関与を望んでいると述べた。  

  米国は今年に入り既にウクライナの安全保障支援に4億ドルを約束。バイデン氏はコロナ関連で1280万ドルの追加支援も計画している。

  両首脳は今回の会談に先立ち、4月と6月に電話会談を行っていた。

原題:
Biden Assures Ukraine’s Zelenskiy on Blunting Russia Aggression(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE