コンテンツにスキップする

モデルナ、ブースター接種のFDA正式承認目指す-初期データ提出

  • ファイザー・ビオンテックにわずかに遅れて提出
  • 臨床試験で抗体レベル40倍超に増加、現行ワクチンの半分の容量で

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米モデルナは1日、新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種で米食品医薬品局(FDA)の正式承認を目指し、初期データを提出したことを明らかにした。

  発表資料によれば、臨床試験で用量を現行ワクチンの半分の50マイクログラムとしたブースター接種により、デルタ変異株に対する抗体レベルは40倍超に増加したという。

  同社はこのデータを向こう数週間内に欧州の規制当局などにも提出する計画だとした。事情に詳しい複数の関係者によると、FDAの諮問委員会はブースター接種に関する会合を今月17日に開く予定。

  米ファイザーと独ビオンテックは先月、ブースター接種に関する初期データをFDAに提出しており、モデルナはわずかにこれに遅れたことになる。

原題:Moderna Seeks U.S. Authorization for Third-Dose Vaccine Booster(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE