コンテンツにスキップする

キャシー・ウッド氏、銀行・化石燃料・ギャンブル排除の新ETF準備

  • 「ARKトランスパレンシーETF」の創設で承認申請
  • 「アーク版のESGか」-BIアナリストのバルチュナス氏

キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメント・マネジメントは、透明性に照準を定める新しい上場投資信託(ETF)の準備を進めている。

  アークは8月31日付の届け出で、「ARKトランスパレンシーETF」の創設で米証券取引委員会(SEC)への承認申請を行ったと開示した。アルコールや銀行、ギャンブル、石油・ガスなどの業界を排除した指数に連動するETFになる。100社から成る同指数は、セールスフォース・ドットコムやマイクロソフト、アップルなどのテクノロジー企業やナイキ、チポトレ・メキシカン・グリルなど消費者関連企業が上位を占め、テスラも含まれる。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリスト、エリック・バルチュナス氏は「アーク版のESG(環境・社会・ガバナンス)のようなものだろう」と指摘。「道徳的な響きがないから不思議だ。透明性を追求すれば、おそらく優良企業を買うことになるとでも言っているようだ」と述べた。

  アークにコメントを求めたが、現時点で返答はない。

  承認されれば、アークが今年立ち上げるETFとしては2本目となる。アークは現在、アクティブ運用6本、パッシブ運用2本の計8本のEFTを有している。

原題:Cathie Wood’s New ETF Shuts Out Banking, Fossil Fuels, Vice (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE