コンテンツにスキップする

米消費者信頼感指数、6カ月ぶり水準に低下-デルタ株への懸念で

更新日時
  • 消費者信頼感指数は113.8、エコノミスト予想中央値123.0も下回る
  • コロナ感染拡大と物価上昇への懸念が経済見通しを圧迫

民間調査機関のコンファレンスボードが発表した8月の米消費者信頼感指数は、6カ月ぶりの水準に低下した。新型コロナウイルスのデルタ変異株と物価上昇への懸念が消費者の経済見通しを圧迫していることを示唆した。

キーポイント
  • 消費者信頼感指数は113.8に低下
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値123.0を下回る
    • 前月は125.1(速報値129.1)に下方修正
  • 現況指数は147.3、4月以来の低水準
    • 仕事が豊富にあるとの回答比率も数十年ぶりの高水準から若干低下
  • 期待指数は91.4、7カ月ぶり低水準

 

U.S. consumer confidence plunges to the lowest level in six months
米消費者信頼感指数(季節調整済み)
出所:コンファレンスボード

  デルタ変異株の感染拡大は既に、レストランの予約や航空旅行、ホテル稼働率などに影を落としている。同時に食品やガソリンの価格が上昇しており、これが消費者心理を一段と悪化させている可能性がある。

米景気回復、デルタの猛威で鈍化傾向-高頻度データのチャートが示す

  先に発表された8月の米ミシガン大学消費者マインド指数も約10年ぶりの低水準にとどまっていた。

  コンファレンスボードの景気指数担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は「デルタ変異株への懸念と、それよりは影響は小さいもののガソリンや食品の値上がりが、現在の経済状況と短期的な成長見通しに対する信頼感の低下につながった」と述べた。

  • 統計表

原題:U.S. Consumer Confidence Falls to Six-Month Low on Delta Variant、U.S. August Consumer Confidence Fell to 113.8, Below Est.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE