コンテンツにスキップする

衆院選は10月17日投開票で調整、二階幹事長交代へ-報道

衆院選は、10月5日公示・17日投開票を軸にした調整が行われている。朝日新聞が菅義偉首相に近い複数の政権幹部の話として、31日付朝刊で報じた

  朝日新聞によると、解散権を行使せず閣議決定で日程を決める任期満了選挙案が浮上している。菅首相は、衆院選前に自民党役員人事を行う検討に入っており、二階俊博幹事長は交代させる方向だという。

  菅首相が再選を目指す総裁選では、出馬表明した岸田文雄前政調会長が党役員の任期制限を訴えている。二階氏は幹事長在任期間が歴代最長の5年超で、昨年の総裁選で菅首相への支持を最初に表明し、政権発足の立役者となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE