コンテンツにスキップする

米上場の中国ゲーム銘柄が下落-当局の新たな規制強化で

  • ネットイース、テンセント、ビリビリ、虎牙のADRが値下がり
  • 中国当局は未成年のオンラインゲーム時間を週3時間までと定めた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

30日の米市場で中国ゲーム会社の米国預託証券(ADR)が下落。中国当局が未成年に対し、毎週オンラインゲームを楽しむことができるのは週3時間までと定めたことが響いた。

  ゲーム大手のネットイース(網易)のADRは一時8.8%安まで値下がり。ビデオゲームが売上高の約3分の1を占めるテンセント・ホールディングス(騰訊)は1.1%安。他のゲーム関連銘柄も下落し、ビリビリ(嗶哩嗶哩)は1.6%安、虎牙は3.7%安となった。

  中国国営の新華社通信は国家新聞出版署が公表した通知を引用し、オンラインゲーム事業者が未成年にサービスを提供できるのは金曜日、週末、祝日の午後8時から9時までの1時間だけだと報じた。 2019年に定められた従来の規制では、未成年のゲーム時間は1日1.5時間に制限されていた。

中国、ゲーム業界規制を強化-未成年は週3時間のみ利用可能

中国がゲーム業界規制を強化
 

 

China gaming ADRs slump on Monday after China tightens rules
 
 

 

原題:
China Game Stocks in U.S. Fall on Beijing’s Latest Crackdown (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE