コンテンツにスキップする

中国、ゲーム業界規制を強化-未成年は週3時間のみ利用可能

  • 未成年にサービスを提供できるのは金曜と土曜、日曜の各1時間
  • テンセントはすでに同様の制限を実施している

中国当局は国内ゲーム業界に対する一連の新たな規制強化策を発表した。未成年がオンラインゲームを楽しむことができるのは週3時間までと定められた。

  新たなルールは過度なゲーム利用を防ぎ、未成年の体や精神面の健康を守ることが狙いだとしている。国営の新華社通信は国家新聞出版署が公表した通知を引用し、オンラインゲーム事業者が未成年にサービスを提供できるのは金曜と土曜、日曜の各1時間だけだと報じた。休暇中も1日1時間に制限されるという。

  中国政府はテクノロジー企業に対する締め付けを全般的に強化しており、ゲーム規定の厳格化もその一環。中国最大のゲーム会社、テンセント・ホールディングス(騰訊)はすでに同様の制限を実施。政府系メディアが今月に入りゲームを「精神的アヘン」だと批判したことで、テンセントの株価が大きく下落していた。この表現は後に削除された。

関連記事:
テンセント株が急落-ゲームは「精神的アヘン」と中国メディア 

原題:
China Limits Minors to Just Three Hours of Online Gaming a Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE