コンテンツにスキップする
Photographer: MANAN VATSYAYANA/AFP
Cojp

北朝鮮が寧辺の原子炉再稼働のもよう、IAEA報告書-WSJ

北朝鮮は寧辺(ニョンビョン)核施設でプルトニウムを生成する原子炉の稼働を再開したようだと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が国際原子力機関(IAEA)の年次報告書を引用して報じた。プルトニウムは核兵器製造に用いられる主要原料。

  事実ならバイデン米政権の外交政策上の新たな難題となる。北朝鮮が米韓合同軍事演習について「安全保障上の危機」を招く可能性を警告する中、米国のソン・キム北朝鮮担当特使は先週、韓国を訪問した。

  WSJによると、IAEA報告書は寧辺の原子炉について、2018年12月から今年の7月初めまで稼働を停止していたようだが、「7月初旬から冷却水の排出を含む、原子炉の稼働と合致する兆候が見られる」とした。

原題:
North Korea Appears to Have Resumed Yongbyon Nuclear Reactor: DJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE