コンテンツにスキップする

米国債市場、次の注目は雇用統計-力強い回復ならスティープ化持続か

  • 利回り曲線は週間ベースで7月以来初めてのスティープ化
  • FRB議長講演を受けて利回り曲線の平たん化に歯止め

世界最大の債券市場である米国債市場は、次の波乱材料を長く待つ必要はなく、年内の米国債利回りの行方を決める極めて重要な米雇用統計が今週発表される。

  利回り曲線は先週、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演後、1年で最も平たん化した水準から7月以来初めて週間ベースでスティープ化した。議長は年内に債券購入の縮小を開始し得ると述べたが、その後に急いで利上げに着手しない考えを示した。

  議長はまた、新型コロナウイルスのデルタ変異株流行への懸念も表明したため、トレーダーは8月の雇用統計に焦点を合わせ、年内残りの3回の連邦公開市場委員会(FOMC)のどこで当局が資産購入のテーパリング(段階的縮小)計画を発表するかを見極める構えだ。そうした中で9月3日に力強い雇用統計が出てくれば、早期のテーパリング観測が高まり、スティープ化のトレンドが続く可能性がある。

Powell signals no hurry to hike even after tapering begins
 
 

 

  コロンビア・スレッドニードルのポートフォリオマネジャー、ジーン・タヌッツォ氏は電話インタビューで、「パウエル議長はテーパリングの要件としきい値を非常に異なるものとして分離を目指し、利上げについてはさらに厳しいテストがあると述べて、素晴らしい仕事をした」と評価。 「デルタ株感染拡大の中で予想よりも良いデータが出れば、テーパリングが実現し、利回り曲線はスティープ化する可能性があると思う」と語った。

  予想中央値では、8月の非農業部門雇用者数は前月比75万人増。7月は94万3000人増加だった。タヌッツォ氏によると、8月の統計が予想を上回れば、10年債利回りは現在の約1.3%から1.5%以上に向かう可能性が高いという。

ボラティリティー

  そうなればボラティリティー(変動性)の急上昇も招きかねない。米国債市場のインプライド・ボラティリティーの指標となるICE・BofA・MOVE指数は、パウエル議長の27日の講演では混乱というほどには急上昇せず、2021年の平均付近で推移している。

  5年債と30年債の利回り格差(スプレッド)は111ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)前後で、2月には167bpと、今年のピークを付けていた。

原題:
Bond Traders Intensify Focus on Jobs for Treasuries’ Next Step(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE