コンテンツにスキップする

中国、アルゴリズム活用のハイテク企業管理へ-新たなルール提案

  • 30項目から成る「アルゴリズム推奨管理規定」草案を公表
  • アリババなど国内勢に加え、アップルなど外国企業に影響も

中国当局はインターネット上で動画などのコンテンツを推奨するため、アルゴリズム技術を活用するハイテク企業に課す広範なルールの適用を目指している。

  国家インターネット情報弁公室は27日、30項目から成る「アルゴリズム推奨管理規定」草案を公表。「中毒または大量消費を助長する」慣行や国家安全保障を危険にさらし、社会経済的秩序を混乱させる活動を禁じるとルールだとしている。

  動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)やテンセント・ホールディングス(騰訊)、快手科技といった企業に直接影響する規定となる可能性がある。

  同弁公室は30日間にわたり同草案への意見募集をすると説明。新ルールの実施時期は明らかにしていない。同弁公室がこうしたルールどのように実行に移し、どの企業が影響を受けるかは明確ではない。アリババグループなどの国内勢に加え、米アップルなど外国企業にも影響が及ぶ可能性もある。

原題:
China Plans Control of Tech Algorithms U.S. Can Only Dream Of(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE