コンテンツにスキップする

コロナ迅速検査キットが品薄-米CVSヘルス、今週から購入制限

  • デルタ変異株の広がりで検査キットの需要増加
  • 制限対象はアボット「BinaxNOW」とエリュームの製品

ドラッグストアチェーン運営などを手掛ける米CVSヘルスは、店頭販売の新型コロナウイルス迅速検査キットについて、顧客が購入できる数量を制限する。デルタ変異株の広がりで需要が増加しているためで、オンライン購入は6つ、薬局での購入は4つまでとする。

  CVSの広報担当者からの電子メールによると、制限は今週から実施し、対象となるのはアボット・ラボラトリーズの「BinaxNOW」とオーストラリアの新興企業エリュームの製品。いずれも処方箋なしで購入できる。

  人々が秋からの職場復帰や新学期の準備をする中で感染力の強いデルタ株が拡散し、検査キットの需要が高まっており、一部のオンライン小売業者や小売店舗で品薄となっている。

  アボットは、「パンデミック(世界的大流行)期間中に行ってきたように、アボットは需要を迅速に満たせるよう、会社全体のリソースと専門性を活用している」とコメントした。エリュームからはコメントを得られていない。

  26日の取引でアボットの株価は一時1.2%高となった。

原題:
CVS Limits Purchases of Rapid Covid-19 Tests, Citing Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE