コンテンツにスキップする

ダラス連銀総裁、9月FOMCでのテーパリング発表を依然支持

米ダラス連銀のカプラン総裁は新型コロナウイルスのデルタ変異株感染が急増しているものの、経済には回復力があるとして、9月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)会合で債券購入プログラムの段階的縮小を発表することへの支持に変わりはないと述べた。

  カプラン総裁は26日、経済専門局CNBCとのインタビューで、「現時点で把握できる状況に基づき、この見通しを大きく変更せざるを得ないような事象は見受けられない」と発言。「9月会合までの数週間、このことを注視し続ける。9月会合の時点では資産購入を調整する計画を発表する状況が十分に整い、10月かそのすぐ後に実行に移すとみているが、これからの注視後にこの見解に変わりはないだろう」と述べた。

  次回FOMCは9月21、22両日に予定されている。カプラン総裁は今年のFOMCで議決権を持たない。

関連記事

ブラード総裁、テーパリングに「着手する必要」-コロナはリスクでも

「テーパリング踏み出す必要」デルタ株でも考え変えず-ジョージ総裁

パウエルFRB議長、手探り状態での政策見通し提示に-年次シンポ

 

原題:Fed’s Kaplan Still Favors Taper Announcement at September FOMC(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE