コンテンツにスキップする

ビットコイン、7月以降の上昇が失速の可能性-チャートが示唆

  • ビットコインは7月安値から60%上昇も、抵抗帯突破に苦戦
  • 26日の取引で一時4.4%安、ボリンジャー氏は一部利益確定を提案

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5万ドルを超える水準を長く保つことができなかった。7月以降の上昇が失速の危機にあることを、チャートのパターンが示唆している。

  26日の取引では一時4.9%安の4万6322ドルまで下落。イーサなど他の仮想通貨、ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数も下げている。この下落で、ビットコインの7月安値からの上昇率は約60%に縮小した。

  チャートを使ったテクニカル分析の一つ、ボリンジャーバンドを考案したジョン・ボリンジャー氏は、一部の利益を確定させるかヘッジをかけることをツイッターで提案。フェアリード・ストラテジーズのケイティ-・ストックトン氏は、市場のタイミングを示すデマーク指標を参照し、「横ばいから下落」が2週間続くと警告した。

  ビットコインの現在の状況を要約するのに、以下の2つのチャートが役に立つ。

バンド幅縮小

Bollinger bandwidth shrinking as RSI diverges negatively
 
 

  ボリンジャーバンドのバンド幅縮小は、ビットコインが上昇の勢いを弱め、5万~5万1000ドルの抵抗帯に直面していることを示す。注目すべき重要な水準は、ボリンジャーバンドの中間線である4万6700ドル前後だ。

ポイント・アンド・フィギュア

relates to ビットコイン、7月以降の上昇が失速の可能性-チャートが示唆
5% x 3 Close-only Point and Figure Chart
 

  価格の方向性に焦点を当て、時間の概念を入れないポイント・アンド・フィギュア(P&F)分析は、終値ベースで5万940ドル前後がビットコインの壁となっていることを示す。P&Fチャートの45度のトレンドラインを突破できなければ、弱含みのシナリオが一層強まる。

原題:
Bitcoin’s 60% Rally From July Lows May Be Running Out of Steam(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE