コンテンツにスキップする

デルタ航空、ワクチン未接種の社員にペナルティー導入へ-月200ドル

デルタ航空は、新型コロナウイルスワクチンを接種していない従業員から毎月200ドル(約2万2000円)を徴収する。多くの企業が従業員にワクチン接種を強く勧めているが、未接種者にペナルティーを科すのは米大手企業ではデルタが初めて。

  エド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は25日、従業員宛ての文書でこの新たな方針について説明。「極めて感染力の強い」変異株に関連したコロナ感染例の増加を受け、全従業員にワクチンを接種させる取り組みを強化すると表明した。同社では既に従業員の75%がワクチン接種済みだという。

  デルタ航空は、11月1日までにワクチン接種を受けなかった従業員に対し、同社の医療保険プランの保険料として200ドルを科す。また9月半ばまでに接種を終えていない従業員に対して、毎週の検査を義務付ける。

原題:Delta Air Lines to Impose Surcharge on Unvaccinated Employees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE