コンテンツにスキップする

大学ファンドに新たに5兆円、22年度中の10兆円目指す-概算要求

内閣府と文部科学省は、2022年度の概算要求で、大学ファンドの増額に向けた5兆円規模の予算を盛り込む。政府出資と財政融資を組み合わせ、現在は4.5兆円の元本を10兆円規模に拡大する。

  政府資料によると、内閣府と文科省の一般会計から各10億円、財政融資で4.9兆円を要求する。大学ファンドは、一時的な運用損に備えて1割強を出資分としており、最終的に同比率を確保する考えだ。

  政府出資分を巡って財務省は赤字国債に頼らない財源確保を求めており、昨年度は政府保有の金塊を財源に政府出資5000億円をねん出した。国有財産活用も選択肢となる。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE