コンテンツにスキップする

中国人民銀、与信を安定させ実体経済と企業を支える-易総裁

  • 「適度なマネーの伸び」により質の高い景気拡大を後押しする
  • 易総裁が主宰した会議で、金融・与信環境の分析が行われた

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、与信を安定させ、中小企業と実体経済を支える資金を増やすと表明した。与信の伸びと経済成長は7月にいずれも鈍化した。

  人民銀は23日遅くに発表した声明で、適切なクロスシクリカルデザインで金融政策の安定を維持し、「適度なマネーの伸び」により質の高い景気拡大を後押しする方針を明らかにした。易総裁が主宰した会議で、金融・与信環境の分析が行われた。

中国経済のファイナンス活動、7月に鈍化-20年2月以来の鈍いペース

  易総裁は人民銀が「マネーサプライと社会的ファイナンスの伸びを名目経済成長率に基本的に合致させる」一方で、テクノロジーのイノベーションやグリーン開発、小規模企業への資金提供を促すため与信構造を強化すると繰り返した。

中国共産党の経済政策、長期視点の「クロスシクリカル」にシフト

China's new credit expanded at slowest pace since February 2020 in July
 
 

原題:PBOC Vows to Boost Credit Support, Stabilize Money Growth (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE