コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

コインベースなど、USDコイン裏付け資産を現金と米国債に完全移行

  • 裏付け資産に社債とCPが含まれるとコンソーシアムメンバーが公表
  • 金融機関口座に保管の米ドルで完全に裏付けと8月まで説明していた

米暗号資産(仮想通貨)交換業者コインベース・グローバルなどで構成するコンソーシアム(企業連合)は22日、法定通貨の価値に連動するステーブルコイン、USDコイン(USDC)の裏付け資産について、現金とデュレーション(平均回収期間)の短い米国債に完全に移すと発表した

   コンソーシアムのメンバーであるサークル・インターネット・ファイナンシャルは今年7月、時価総額270億ドル(約3兆円)のUSDCの裏付け資産に社債とコマーシャルペーパー(CP)が含まれていると明らかにしていた。

  コインベースは8月になるまで、USDCが「金融機関の口座」に保管されている米ドルで完全に裏付けられているとウェブサイトで誤った説明をしていたが、ブルームバーグ・ニュースが今月問い合わせた後、記述を変更した。

  エミリー・チェ社長兼最高執行責任者(COO)は一連のツイートで、USDCの準備資産の説明を「もっと明確にできたはずだ」とした上で、現金以外の資産が含まれるとサークルが明らかにした後、「当社のウェブサイト上のそのような記述を最新の情報に更新するためもっと迅速に動くべきだった」と釈明した。

 

原題:
Coinbase, Circle Say USDC Reserves to Be In Cash, Treasuries (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE