コンテンツにスキップする

妊婦の新型コロナ感染、全米で募る危機感-重症化や早産が増加

  • 8月14日時点で、妊婦の76.2%がワクチン未接種
  • ワクチンは流産リスク高めず、米保健当局は妊婦の接種を奨励
RF Pregnant woman
Photographer: Guido Mieth/Digital Vision/Getty Images

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

デルタ変異株で新型コロナウイルス感染者が急増している米国では、相対的に若く健康な妊婦が入院して人工呼吸器が必要になったり、早産になったり、時に死亡するケースさえ増えている。

  これまでの感染拡大局面では見られなかったこの傾向は、主に南部で見られるが、カリフォルニア州やワシントン州を含む全米の医師から報告されている。8月14日時点で、妊婦の76.2%がワクチン未接種だった。

  米医学誌JAMAネットワークオープンに今月掲載された研究論文によると、新型コロナに感染した妊婦はそうでない妊婦に比べ、死亡する確率が15倍、気管挿管が必要になる確率が14倍、早産になる確率が22倍高くなる。ワシントン大学のリンダ・エッカート教授(産科・婦人科)は「このようなリスクは見たことがない」と語った。

  妊婦の間でワクチン接種に抵抗感が広がっている背景には、ファイザー・ビオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のいずれも、新型コロナワクチンの臨床試験で妊婦が対象から除外されていたことがある。2月に開始された妊婦を対象にした臨床試験では、ワクチン接種で流産のリスクは上昇しないことが証拠によって示された。米保健当局は今月、妊婦へのワクチン接種の呼び掛けを強化した。

  エッカート教授は「現在では、妊娠中のワクチン接種が安全であることについて有力なデータが大量に増えている。妊娠中に新型コロナに感染することがいかに危険かについても、驚くほど説得力のあるデータがある」と述べた。

ファイザーとビオンテックの新型コロナワクチン、FDAが正式承認

原題:
Pregnant, Unvaccinated and Intubated: Doctors Alarmed by Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE