コンテンツにスキップする

米国のアジア関与、ハリス副大統領が強調-訪問先のシンガポールで

  • アフガンからの米軍撤退に関し多くの質問が投げ掛けられた
  • 米国はアフガン退避完了の成功に焦点絞る-ハリス副大統領

アジア歴訪中のハリス米副大統領は23日、米国がアジアにコミットし続けるとあらためて表明した。訪問先のシンガポールでは、アフガニスタンからの米軍撤退に関し多くの質問が投げ掛けられた。

  同副大統領はシンガポールのリー・シェンロン首相と臨んだ共同記者会見で、サイバーセキュリティーや気候変動、公衆衛生に関して両国が結んだ一連の取り決めについて触れ、米国がアジアで長きにわたり安全保障のパートナーとしている国・地域との合意を尊重している証しだと指摘した。

ハリス米副大統領がシンガポール、ベトナム2カ国歴訪-今週末から

SINGAPORE-US-DIPLOMACY
ハリス米副大統領とシンガポールのリー首相
 

  ハリス副大統領はアフガニスタンからの退避完了を成功させることに米国は焦点を絞っていると説明。リー首相は米国のアフガン退避の取り組みを支援すると申し入れた。

  ハリス副大統領は「きょうシンガポールにいるのは、この国とこの地域との永続的な関係を強調・再確認し、自由で開かれたインド太平洋地域の共通のビジョンを強化し、東南アジアの平和と安定に対する相互の利益をあらためて確認するためだ」と述べた。

原題:Harris Looks to Assure U.S. Allies Over Chaotic Afghan Exit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE