コンテンツにスキップする

シドニーのロックダウンは9月末まで延長-新型コロナ感染状況悪化

  • 州内では23日から、運動時を除いて屋外でのマスク着用を義務付け
  • 感染状況が最も深刻なシドニー西部の地域に夜間外出禁止令を発令へ

オーストラリアで人口最多の都市シドニーでは、新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染状況悪化を受け、ロックダウン(都市封鎖)が少なくとも9月末まで延長される。

  ニューサウスウェールズ州のベレジクリアン首相は、同州で20日に642件の新規感染症例が報告されたと記者団に説明した。州内では全ての地域で23日から、屋外でのマスク着用が運動時を除いて義務付けられる。感染状況が最も深刻なシドニー西部の地域には夜間外出禁止令が発令される。

  シドニーから始まったデルタ株の流行は国内の他の地域に広がり続けており、同州の新規感染者数は19日に681人に達していた。オーストラリアでは同日に新規感染者数がパンデミック(世界的大流行)が始まって以来最多を記録した。同国では全人口2600万人の半数以上がロックダウン下にある。

原題:Sydney Extends Lockdown Until End of September as Cases Worsen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE