コンテンツにスキップする

ヌビーン・ハイイールド地方債ファンド、新規投資の受け入れ停止へ

  • ハイイールド地方債ファンドへの資金流入が続いている
  • 過去1年のリターンはプラス14%超、ほとんどの同業ファンド上回る

米資産運用会社ヌビーンは州・地方政府のジャンク級債券に集中投資するヌビーン・ハイイールド地方債ファンドについて、9月末をもって新規投資の受け入れを停止する予定だと発表した。

  米ハイイールド地方債ファンド市場では今年、毎週のように資金の純流入が見られ、格付け最上位の州・地方債の利回りが過去最低に近い水準にある中で大きなリターンをもたらしている。リフィニティブ・リッパーのデータによると、こうした米ファンドには年初来170億ドル(1兆8700億円)近い資金が流入している。 

  これを受け、ファンドマネジャーの間では新発債の奪い合いが起きている。同時に、景気回復と連邦政府の大規模な支援策を背景に、地方政府の信用格付けは全般的に上昇傾向にある。 

   ジョン・ミラー氏が運用するヌビーン・ハイイールド地方債ファンド(運用資産240億ドル超)は同市場での巨大ファンドであるだけでなく、絶えず競合ファンドを上回る成績を挙げてきた。ブルームバーグ収集データによると、過去1年のリターンはプラス14%余りで、2%を除く全ての同業ファンドを上回っている。このため、ミラー氏のファンドは投資家から注目を集める。 

  広報担当者はミラー氏からはコメントを得られないと説明した。

  ヌビーンはまた、ヌビーン・カリフォルニア・ハイイールド地方債ファンドも、10月から新規投資受け入れを停止すると米証券取引委員会(SEC)への届け出および発表文で明らかにした。9月末時点での既存投資家は10月以降も投資継続が可能。

原題:Nuveen to Close Top High-Yield Muni Fund to New Investors (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE