コンテンツにスキップする

パウエル議長、オンライン形式で講演へ-ジャクソンホール年次シンポ

  • FRB議長は米東部時間27日午前10時から講演
  • 題目は経済見通し-カンザスシティー連銀のユーチューブ経由

米連邦準備制度は19日、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が東部時間27日午前10時(日本時間同午後11時)から、カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムでオンライン形式で講演すると発表した。

  題目は経済見通しで、パウエル議長はカンザスシティー連銀のユーチューブ経由で講演する。同連銀が26-28日にワイオミング州ジャクソンホールで主催する今年のシンポは、形式を変更しつつ対面での開催となる。

Fed Reserve Chair Powell Testifies Before House Select Subcommittee On Coronavirus Crisis
パウエルFRB議長
Photographer: Graeme Jennings/Washington Examiner/Bloomberg

  世界各国・地域の中央銀行首脳や著名エコノミストが参加するシンポは、先行きの金融政策の変更について手掛かりが得られるか毎年注目されている。

  FRBウオッチャーは今回、連邦準備制度による資産購入のテーパリング(段階的縮小)などに関するシグナルを注視することになりそうだ。

原題:Fed’s Powell to Give Virtual Remarks at Jackson Hole Gathering(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE