コンテンツにスキップする

NZ中銀、利上げの年内開始見通し示唆-早ければ次回10月にも

更新日時
  • ロックダウンと不透明感考慮し、今回の会合では金利据え置きを決定
  • NZ中銀の予測、22年2QにOCRが1.15%に上昇する見通し示す

ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は18日、オフィシャル・キャッシュレート(OCR)が年内に引き上げられる見通しを示唆する予測を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられれば、早ければ次回10月の決定会合で利上げが決定されることもあり得る。

  NZ中銀はこの日、政策金利であるOCRを過去最低の0.25%に据え置くことを決めた。ブルームバーグが調査したエコノミスト24人中20人が0.25ポイント利上げを予想。3人が据え置きを予測し、1人は0.5ポイントの利上げを見込んでいた。

  NZ中銀の声明によれば、政策委員会は今回の会合で、「OCRを引き上げる利点」ついて協議した。「インフレ期待が制御できなくなるリスクを減らすため、金融政策刺激のさらなる縮小が最も後悔の少ない政策スタンスだという認識で一致した」ものの、「現行のレベル4のロックダウン措置と公衆衛生面の不透明感を考慮し、今会合でのOCR据え置きで合意した」という。

  中銀の決定を受け、NZドルは一時下落したものの、その後下げの大部分を回復。ウェリントン時間午後2時29分(日本時間午前11時29分)時点で1NZドル=0.6929 米ドル。政策発表前は0.6940米ドルだった。NZ債利回りとスワップレートは低下した。
 
  NZ中銀が公表した予測によると、OCRは2023年末までに2%に引き上げられる見込み。5月の前回予測では、来年後半になるまで利上げ開始は予想されていなかった。今年10-12月(第4四半期)に0.25ポイント強の利上げが決定され、 22年4-6月(第2四半期)にOCRが1.15%に達する可能性が示された。

Cautiously Hawkish

RBNZ revises up future path of policy rate even after refraining from hike

Sources: RBNZ, Bloomberg

原題:RBNZ Refrains From Raising Interest Rates as Delta Spreads (1)、New Zealand Maintains Benchmark Interest Rate at 0.25%、*RBNZ PROJECTIONS SHOW OCR RISING TO 1.15% IN 2Q 2022(抜粋)

 

(声明の詳細を追加して更新します)
    Economic Release Details NZOCR Index ECOD
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE