コンテンツにスキップする

【欧州市況】株ほぼ変わらず、景気敏感銘柄安い-イタリア債3日続落

17日の欧州株はほぼ変わらず。新型コロナウイルスのデルタ変異株の影響を巡る懸念が高まり、今夏の株高をけん引していた景気敏感銘柄が売り圧力を受けた。

  ストックス欧州600指数は0.1%未満の上昇。自動車、銀行、旅行・娯楽といったシクリカル銘柄が特に値下がりした。ヘルスケアやパーソナルケア、食料品チェーン店銘柄はいずれも上昇した。

A ten-day streak of gains ended this week, triggering a technical sell signal
 
 

  欧州債市場ではイタリア債が小幅安。パフォーマンスは周辺国債を下回った。イタリア10年債利回りは6月以来で最長となる3日連続上昇となった。

  ドイツ債はほぼ変わらず。同国では18日に30年債入札が行われる。英国債は小幅高となった。

主要国債の利回り 
ドイツ10年債利回りはほぼ変わらずマイナス0.47%
イタリア10年債利回りは1bp上昇して0.57%
フランス10年債利回りはほぼ変わらずマイナス0.12%
英10年債利回りは1bp低下して0.57%

ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)

原題:European Stocks’ Rally Stays on Hold as Virus Cases Creep Higher(抜粋)、Italian Bonds Fall for a Third Day; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE