コンテンツにスキップする

米フェイスブック、タリバン関連コンテンツを「積極的に」削除

  • インスタグラム部門のモッセーリCEOがブルームバーグに語る
  • タリバンは支持集めにソーシャルメディア活用-ブルッキング氏

フェイスブックの幹部は16日、アフガニスタンの全権を掌握した反政府勢力タリバンを宣伝するコンテンツを自社プラットフォームから「積極的に」削除していることを明らかにした。

  写真共有アプリ運営のインスタグラム部門のアダム・モッセーリ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、タリバンはフェイスブックの危険組織リストに載っているため、同勢力を宣伝または代弁するコンテンツは禁止されると述べた。

インスタグラムのアダム・モッセーリ最高経営責任者がブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語る

Source: Bloomberg)

  モッセーリ氏は「状況は急速に動いており、それに伴いリスクも変化すると確信している。このように変化するリスクに対し、何を実施し、どう対処するかについてわれわれは見直しが必要になる」と語った。

  アトランティック・カウンシルの上級研究員で「『いいね!』戦争 兵器化するソーシャルメディア」の共著者であるエマーソン・ブルッキング氏はブルームバーグテレビジョンに対し、タリバンは支持を集めるためソーシャルメディアを活用していると指摘した。

関連記事

原題:
Facebook ‘Proactively’ Removing Taliban Content, Executive Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE