コンテンツにスキップする

HSBCがアクサ・シンガポール買収で合意-約630億円

  • ウェルス事業成長との願望を具体化する重要な買収-クインCEO
  • HSBCの主力市場の香港では中国政府の締め付けで混乱続く

英銀HSBCホールディングスは保険会社アクサ・シンガポールを5億7500万ドル(約630億円)で買収することに合意した。シンガポールにウェルス事業のグローバル拠点を構築し、東南アジア全般での事業拡大に弾みを付ける考え。

  HSBCのノエル・クイン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「これはアジア全般でウェルス事業を成長させるとの当行の願望を具体化する重要な買収だ」と説明。 「ウェルス事業は当行にとって最高の成長・収益機会の1つであり、アジアに重点を置いて世界展開する銀行としての強みを発揮するものだ」と付け加えた。

  ロンドンに本社を置く同行は、アジア展開のただ中にあり、アジア地域に多額の投資を行い、他の地域の不採算事業からは撤退している。同行にとって最大の市場である香港で中国政府の締め付け強化で混乱が続いていることも、シンガポール事業拡大の背景にある。

  アクサ・シンガポールは現在、年間の新規保険料でみるとシンガポールの生命保険会社で8番目の規模を持つ。HSBCによると、事業統合によりリテール向け健康保険業者としては4位になるという。この取引には規制当局の承認が必要。

原題:
HSBC Buys AXA Singapore for $575 Million to Grow in Asia Wealth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE