コンテンツにスキップする

コロナに対する集団免疫は幻想か-接種率95%でも実現不可能との指摘

  • 獲得に向けたハードル、デルタ株などがほぼ不可能な水準に押し上げ
  • ブースター利用や定期的なワクチン接種を余儀なくされるとの見方

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

新型コロナウイルスの感染が昨年急激に広がった際、各国政府は「集団免疫」への期待を抱いていた。十分な数の人が新型コロナへの免疫を獲得することで感染急拡大が止まるといった「約束の地」だったが、これは今や幻想に見える。

  人口の一定割合、恐らく60-70%程度がワクチンを接種するか、過去の感染を通じて抵抗力を得れば、パンデミック(世界的大流行)が衰退し、やがてほぼ消え去るとの考え方だった。しかし、デルタ株のように、感染力が強くワクチン接種済みなどであっても感染することがある新たな変異株の出現が、集団免疫獲得のため越えなければならないハードルをほぼ不可能な水準に押し上げている。

  既に新型コロナで多くの感染者を出し、50%を超えるワクチン接種率に加え一定の自然免疫を獲得していると考えられる米国や英国などでも、デルタ株がこのところの感染拡大の要因となっている。さらに、オーストラリアや中国など、これまで新型コロナをほぼ抑え込んできた国もデルタ株で打撃を受けている。

Arkansas Faces ICU Bed Shortage As Delta Variant Fuels Covid Surge

新型コロナの集中治療室で患者をチェックする看護師(8月4日、アーカンソー州)

  米国感染症学会は今月、デルタ株の流行で集団免疫の目安は人口の80%を大きく超え、恐らく90%に近い水準に上昇したと指摘した。集団免疫獲得のめどとなる人数についてはこの1年、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長ら公衆衛生当局者がゴールポストを動かしているとして議論を巻き起こしてきた。一方、ワクチン接種に消極的な姿勢や供給問題で大半の国が当初の数字にさえ近づかない見通しだ。

  メイヨークリニック(米ミネソタ州ロチェスター)のワクチン研究グループディレクター、グレッグ・ポーランド氏は「われわれは集団免疫を獲得するだろうか? いや、当然ながらそうなる可能性は極めて低い」とし、ワクチン接種率が95%に達したとしても集団免疫は達成されないと指摘した。

  「免疫突破の能力を得た、これまでより高い感染力のある変異株の広がりとワクチン接種率のいたちごっこだ」と語った。

Virus Safety Measures in Shanghai as China Reports More Local Cases

ロックダウン下にある地区の住民に食料品など生活必需品を届ける配達業者(8月3日、上海)

  自然免疫も問題解決にはつながらない。コロナ感染で得られた自然免疫がいつまで続くかは不明で、新たな変異株に対して有効かどうかも分からない。将来現れる変異株はデルタ株よりさらに効率良く免疫を突破するケースもあると考えられ、これがどんな形でいつ終わるのかという疑問が生じる。

  スタンフォード大学メディカルセンターのアジア医療調査・教育センターで南アジア・アウトリーチ担当ディレクターを務めるSVマハデバン氏は「一度感染すれば生涯免疫が得られるというように単純なら素晴らしいが、そうだとは思わない」とし、「それが厄介な問題だ」と指摘した。

  既に一部の人々やブラジルを含む南米など一部地域が、新たな変異株で2回目の感染に見舞われつつあることが示唆されている。

Building Immunity

Countries with the highest vaccination rates

Source: Bloomberg's Covid-19 Vaccine Tracker, as of Aug. 12

Note: Only places with a population of more than 1 million are displayed

  集団免疫獲得が困難または不可能なことを示すエビデンスにかかわらず、多くの公衆衛生当局者はそれを断念するつもりはない。各国政府はワクチン接種拡大に集中的に取り組んでいる。

  新型コロナは世界的に定着する可能性が高く、感染拡大を引き起こすが、ワクチン接種やマスク着用、他の公衆衛生上の対策で部分的に緩和されるとみられる。

Nurses Care For Flu Victims

スペイン風邪の患者を介護する看護師(1918年、米マサチューセッツ州)

  1918年に流行したスペイン風邪は新型コロナが今後どんな展開になり得るかを示すものだと、メイヨークリニックのポーランド氏は指摘する。変異株出現が続く公算は大きく、より新しい株を標的にブースター(追加免疫)利用や定期的なワクチン接種を余儀なくされるだろう。

  ポーランド氏は「うまくいけば、今後起こり得る可能性が高いのは、新型コロナがインフルエンザにより近いものになることだ」とした上で、「既に存在しているコロナウイルスのように、より季節的なものになり、われわれはワクチン接種を受け続けざるを得ないだろう」と語った。

原題:
The World May Never Reach Herd Immunity Against Covid-19 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE