コンテンツにスキップする

インフィニオンCEO、世界的半導体不足は23年まで続く可能性-独紙

  • 新たな施設の建設には2年以上かかる可能性とプロスCEO
  • 半導体不足でテスラやアップル、マイクロソフトなどの生産に支障

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ドイツ最大の半導体メーカー、インフィニオンテクノロジーズは、自動車やコンピューターの生産を妨げている世界的な半導体不足が何年か続きかねないとみている。

  ラインハルト・プロス最高経営責任者(CEO)は独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)とのインタビューで、生産能力の拡大ペースが消費者需要になかなか追い付けない分野で、半導体不足が「2023年になっても」続くかもしれないと指摘。

  その上で、「シリコンウエハーを半導体に加工する新たな施設やクリーンルームの建設には2年から2年半かかり、既存施設をアップグレードするには9カ月から1年かかる可能性がある」と述べた。

  半導体不足でテスラからアップル、マイクロソフトに至る企業の生産に支障が生じている。サスケハナ・ファイナンシャル・グループの調査によると、半導体のリードタイム(発注から納品までにかかる時間)は7月に20週間を超え、前月から8日間余り延びた。

半導体不足に緩和の兆しなし、リードタイムは7月に20週間超に長期化

  プロス氏は在宅勤務ニーズの高まりに加え、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による遅延を受けた自動車業界のキャッチアップ効果が半導体業界の主な推進力になっていると分析。電気自動車(EV)の導入加速と再生可能エネルギーの需要増加なども半導体不足をもたらす要因だと説明した。

  同氏はさらに、半導体事業における海外輸出業者への依存低減に向け欧州の一段の取り組みを呼び掛け、インフィニオンの事業戦略に合致する限り他社との協力に「オープン」だと語った。

原題:
Global Chip Shortage May Last Until 2023, Infineon CEO Tells FAZ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE