コンテンツにスキップする

クレディS、リスク管理のベテラン起用へ-元UBSとロイズ幹部2人

  • リスク委員会トップに元UBSのアクセル・リーマン氏を指名
  • ロイズ元最高リスク責任者のフアン・コロンバス氏を取締役に指名

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは経営陣強化の一環として、取締役会リスク委員会トップに元UBS幹部のアクセル・リーマン氏を指名し、取締役会メンバーにロイズ・バンキング・グループの元最高リスク責任者(CRO)、フアン・コロンバス氏を指名した。

Germany's Finance Minister Wolfgang Schaeuble And Deutsche Bank AG CEO John Cryan Speak At B20 Summit

アクセル・リーマン氏(2017年撮影)

  クレディ・スイスの13日の発表によれば、両氏の指名は10月1日に予定される臨時株主総会の議案となる。指名が承認された場合、UBSのリスク委員会メンバーだったリーマン氏は、リチャード・メディングス氏の後を継ぎクレディ・スイスのリスク委員会委員長に就任する。メディングス氏は、今年4月に同委員長を辞任したアンドリアス・ゴシュリング氏の後任を代理で務めている。

クレディSのリスク委員長、年次総会前に辞任-株主が再任阻止に動く

  コロンバス氏は2011-20年にロイズのCROを務めた。当時はクレディ・スイスの現会長、アントニオ・ホルタオソリオ氏がロイズのトップだった。

関連記事
クレディS、投資銀の最高リスク責任者が退社へ-アルケゴス調査受け
クレディ・スイス、ゴールドマン幹部をリスク責任者に指名 (1)
クレディ・スイス、新CTO兼COOにゴールドマン幹部を指名

原題:Credit Suisse Adds Risk Veterans to Board With UBS, Lloyds Alums(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE