コンテンツにスキップする

米がアフガンに3000人増派、大使館員退去支援で-タリバンの攻勢続く

  • 反政府勢力タリバンの攻勢の速さに米側が不意を突かれた格好
  • 首都カブールもタリバンの手に落ちかねないとの米政権の見方示唆

アフガニスタン各地で反政府勢力「タリバン」が攻勢を強める中で、バイデン米大統領は在カブール米大使館からの人員撤収を支援するため約3000人の軍部隊を増派する。同国から米軍が撤退する状況下でタリバンの進撃の速さに米国がいかに不意を突かれたかを浮き彫りにする形となった。

  国務省のプライス報道官は12日の記者会見で、カブールの大使館スタッフを「中核的な外交プレゼンス」に縮小すると説明。同大使館の現在のスタッフは約4200人で、うち相当数が米国人という。同報道官は「われわれは決してアフガニスタンの人々を見捨てはしない。そんなことは全くない」と述べた。

  しかし、バイデン政権は8月31日までにほぼ全ての米軍を撤退する計画を進めることを決定したとしており、今回の動きは米外交プレゼンスのさらなる後退を示す。タリバンが迅速かつ容易に進撃している状況は、首都カブールが間もなくタリバンの手に陥落する可能性があるとの米政権の見方を示唆している。

バイデン米大統領、米軍のアフガン撤退見直さず-タリバン攻勢でも

  国防総省のカービー報道官によると、増派される部隊は24-48時間後にカブールの主要空港に展開し、既に空港に配置されている650人の部隊に加わる予定。

  トランプ前大統領が最初にアフガン撤退を発表して以来、これに反対してきた共和党のマコネル上院院内総務は声明を発表。米国は「1975年の屈辱的なサイゴン陥落の一層悲惨な続編に突き進んでいる」とし、アフガン政府軍への一段の支援提供にコミットすべきだと強調した。

  国務省の声明によると、ブリンケン国務長官とオースティン国防長官はアフガンのガニ大統領と電話で会談し、「タリバンによる暴力にもかかわらず」米国はアフガンの安全保障と安定に引き続き注力する意向を表明した。

原題:U.S. to Evacuate Some Afghan Embassy Staff as Taliban Surges (1)、Blinken, Austin Reiterate U.S. Support to Afghan President Ghani(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE