コンテンツにスキップする

エアビー株、時間外で下落-デルタ変異株で7-9月予約数減る見込み

  • 7-9月売上高は四半期ベースで過去最高と予想
  • 4-6月総予約額、19年水準比で37%増-売上高は10%増

民泊仲介の米エアビーアンドビーは12日、7-9月(第3四半期)の宿泊・体験予約数について、前年同期を上回るものの、4-6月(第2四半期)から減少し、新型コロナウイルス禍以前の2019年の水準にはなお届かないとの見通しを示した。デルタ変異株の拡散を理由に挙げている。株価は時間外取引で一時5%余り下落した。

  同業のブッキング・ホールディングスエクスペディア・グループも今月の決算発表時にデルタ変異株が及ぼす影響について同様の警告を発しており、エアビーの発表を受け、最近の感染拡大が旅行業界に重くのしかかるとの投資家の懸念が強まった。

Surging delta variant raises doubts
 
 

  エアビーは「新型コロナとデルタ株を含む新たな変異種の発生・拡散が引き続き全体的な旅行慣行に影響を及ぼすと予想している」としながらも、7-9月期の売上高については「四半期ベースで過去最高」になるとみている。

  同社がこの日発表した4-6月期の総予約額は134億ドル(約1兆4800億円)と、19年の水準を37%上回った。ブルームバーグがまとめたデータによると、アナリスト予想平均は112億ドルだった。

  売上高は13億4000万ドルと、19年同期との比較で10%増えた。総予約数は8310万件と前年同期の3倍近くで、アナリスト予想平均(7750万件)も上回った。

Airbnb saw an almost 200% surge in nights and experiences booked
 
 

  4-6月期の調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は2億1700万ドルと、アナリスト予想の5040万ドルをはるかに上回った。1株損益は11セントの赤字と、赤字幅は予想(41セント)より小幅にとどまった。

原題:Airbnb Tumbles After Projecting Decline in Bookings on Virus (2)、Airbnb 2Q Gross Booking Value Beats Estimates: Snapshot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE