コンテンツにスキップする

モデルナのコロナワクチン、変異株に対する抗体を6カ月間維持

モデルナの新型コロナウイルスワクチンを接種した人の大半は、2回目接種後の6カ月間、コロナ変異株に対する結合抗体および機能性抗体を維持した。同社が12日、ワクチンが変異株に対する中和抗体をつくり出す能力の持続性に関する新しいデータを医学誌サイエンスで公表した。

  発表資料によると、対象の変異株にはアルファやベータ、ガンマ、デルタ、エプシロン、イオタが含まれた。

  モデルナは先週、同社製ワクチンが2回目接種の6カ月後も93%の有効性を維持したと発表していたが、その時点では医学誌上で公表していなかった。

モデルナ製コロナワクチン、2回目接種の半年後も有効性93%

原題:
Moderna Study Shows Vaccine Maintains Antibodies For Six Months(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE