コンテンツにスキップする

ディズニー株上昇、動画配信サービス加入者が予想上回る

  • ディズニープラス加入者、4-6月に1億1600万人に増加
  • テーマパーク再開が売り上げ、利益の回復に寄与

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ウォルト・ディズニーの4-6月(第3四半期)業績はアナリストの予想を上回り、動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の加入者数が大きく伸びた。

  12日の発表資料によると、ディズニープラスの加入者数は4-6月期に1億1600万人に達した。アナリストは1億1310万人を見込んでいた。新型コロナウイルスのため閉鎖されていたテーマパークの営業が再開し、1株利益は一部項目を除いたベースで80セントに増加。アナリスト予想の55セントを上回った。

Streaming Disney+

The entertainment giant finished its June quarter with 116 million subscribers

Source: Bloomberg

Note: Fiscal quarters

  今回の決算は、世界最大級の娯楽企業であるディズニーがコロナ禍から回復しつつあることを示している。コロナはディズニーのテーマパーク事業の利益に対し、過去9カ月で16億ドルの押し下げ要因となった。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジーサ・ランガナタン氏はディズニーが「動画配信サービスの競争に勝ったように見える」と述べた。

  ディズニーの株価は時間外取引で一時5.6%上昇し189.29ドルを付けた。

原題:Disney Rallies After Streaming Subscriptions Beat Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE