コンテンツにスキップする

CIAが対中国で新組織検討、情報収集や分析強化へ-関係者

米中央情報局(CIA)は米国の最大の戦略的競争相手である中国に関する情報収集や分析能力の強化に向け「中国ミッションセンター」新設を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  バーンズCIA長官による同局の対中能力の幅広い見直しの一環で新設が提案された。中国の分析などは現在「東アジア・太平洋ミッションセンター」で行われているが、中国ミッションセンターが設立されれば中国に関するCIAの取り組みが強化される。

  CIAはトランプ政権時代の2017年に、北朝鮮の核兵器の脅威に対応するため、「コリア・ミッションセンター」を新設した経緯がある。

原題:
CIA Weighs Creating Special China Unit in Bid to Out-Spy Beijing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE