コンテンツにスキップする

香港、6月までの1年間で8万9000人が転出-国安法施行後

香港の人口が過去1年で大幅に減少したことが分かった。香港では昨年、香港国家安全維持法(国安法)が施行された。

  政府が12日公表したデータによれば、今年6月までの1年間に8万9200人が香港から転出、人口は1.2%減の約739万人となった。移住許可を得て香港に転入したのは1万3900人、出生・死亡による人口の増減は1万1800人の純減だった。

  香港政府の担当者はブルームバーグ・ニュースのコメント要請に対して、データは仕事や勉強などあらゆる目的で転入・転出する人の流れを捉えたものであり、「移民や域外移住とは概念的に異なる」と説明した。

Shrinking Hong Hong

City's population dropped substantially in past year

Source: Hong Kong Census and Statistics Dept.

Shows change in total resident population in the period July-June. Includes mobile and usual residents.

原題:Hong Kong Sees 89,000 Leave in Past Year After Security Law (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE