コンテンツにスキップする

カナディアン・パシフィック、KCサザンに新たな買収案を提示

  • 新買収案は従来案上回る1株300ドル、株式価値は約270億ドル
  • カナディアン・ナショナルによるKCサザン買収の阻止を目指す

カナダの鉄道会社、カナディアン・パシフィック鉄道は、同業の米カンザスシティー・サザンに対し、従来案を上回る新たな買収案を提示した。カンザスシティー・サザンは既にカナディアン・ナショナル・レールウェイからの買収提案の受け入れを表明しているが、カンザスシティー・サザンによる重要な株主投票を控え、カナディアン・パシフィックはカナディアン・ナショナルによる買収の阻止を目指す。

  カナディアン・パシフィックの10日発表によると、同社取締役会は1株当たり300ドルでのカンザスシティー買収案を承認。株式価値は約270億ドル(約3兆円)となり、当初提示した案での250億ドルを上回る。ただ、この新提案でもカンザスシティー・サザンの取締役会が受け入れたカナディアン・ナショナルによる300億ドルの提案をなお下回る。カナディアン・ナショナルからの買収提案(1株当たり約321.93ドル)については、カンザスシティー・サザンが19日に株主投票を実施する。

  カナディアン・パシフィックのキース・クリール最高経営責任者(CEO)はカンザスシティー・サザンの株主に対し、監督当局からの承認をより得やすいという点をアピールしたい考え。カナディアン・パシフィックは、カナディアン・ナショナルが申請している議決権信託と呼ばれる手法の採用を米運輸当局が認めないことを期待している。議決権信託の仕組みを利用すると、完全な合併について米当局が審査中であってもカナディアン・ナショナルはカンザスシティー・サザンの株主への支払いが可能になる。カンザスシティー・サザンは、取引の前進には議決権信託が必要だと説明している。

関連記事

KCサザン、カナディアン・ナショナルの買収提案を受け入れへ

米鉄道KCサザンに300億ドルの買収案、カナダ競合間で買収合戦か

カナディアン・パシフィック鉄道、KCサザン買収で合意-250億ドル

原題:
Canadian Pacific Makes New, Higher Bid for Kansas City Southern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE