コンテンツにスキップする

中国リスクを見て見ぬふり、投資家はおとぎ話信じたがる-ブロック氏

投資家は中国に特有の市場リスクを考慮に入れてこなかった、と空売り投資家のカーソン・ブロック氏が指摘した。

  マディー・ウォーターズ・キャピタルの最高投資責任者(CIO)であるブロック氏は9日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「この10年間、投資家は基本的に、中国の政策を巡る気まぐれな状況について見て見ぬふりをしてきた」と発言。「それが今、数多くの投資家に跳ね返ってきている。真に検討が必要な多くのリスクの一つだが、投資家はそれを怠ってきた」と話した。

  こうしたリスクは「他の全ての条件が同じなら、米国に本拠を置く企業の株式より中国株が大幅なディスカウントで取引される」理由となるが、「実際にはしばしば、そうなっていない。投資家はおとぎ話を信じ込みたいからだ」と同氏は述べた。

  中国はテクノロジーや教育など複数の業界の民間企業を対象に、締め付けを図っている。こうした企業が不平等を助長し、金融リスクを高め、政府の権威に挑戦していると批判しており、先月には中国本土と香港、米国に上場する企業の株式時価総額が約1兆ドル(約110兆円)消失した。

  ブロック氏は長年にわたって中国株を売り持ちにしてきている。

原題:
Carson Block Says Investors Failed to Examine China Market Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE