コンテンツにスキップする

新型コロナ「ラムダ」変異株、国内で初の確認-報道

日本経済新聞の電子版によれば、新型コロナウイルスの「ラムダ型」と呼ぶ変異ウイルスが羽田空港に到着した人から確認されたと厚生労働省が明らかにした。

  ペルーに滞在歴があり7月20日に羽田に到着した女性が、空港の検疫所で新型コロナの感染が分かり、その後の詳しいゲノム解析で変異型が判明したと、同紙は報じた。ラムダ型が国内で確認されたとの報告は初めてという。

関連記事

麻生財務相が自宅待機、私設運転手が新型コロナ陽性 (1)

東京都で4515人の新型コロナ感染確認、7日間移動平均3820.4人

厚労省:全国の重症者数1020人、約2カ月ぶり1000人超

東京パラリンピック観客、感染状況が判断の材料に-菅首相

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE