コンテンツにスキップする

韓国のネット専業銀行カカオバンク、上場初日に一時74%上昇

  • IPO規模は22億ドル、韓国で今年2番目の大きさ
  • 韓国で時価総額最大のリテール銀行になった

韓国初の上場インターネット専業銀行となったカカオバンクは、ソウル市場での取引初日の6日に一時74%上昇し、時価総額が同国のリテール銀行の中で最大となった。

  株価上昇を受け、実店舗を持たないカカオバンクの時価総額は32兆ウォン(約3兆円)余りとなり、国内の従来型の金融グループを上回った。ソウル時間午前11時10分(日本時間同)時点では62%高。

  カカオバンクの新規株式公開(IPO)の規模は22億ドル(約2400億円)と、韓国では10日に上場予定のゲーム開発会社クラフトンの38億ドルに次ぐ今年2番目の大きさとなった。

原題:KakaoBank Soars Over 70% in Korean Online Lender’s Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE