コンテンツにスキップする

アマゾン、オフィス復帰を来年1月に延期-コロナ感染再拡大で対応

インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムはホワイトカラーの従業員に対し、来年1月まで定期的にオフィス勤務する必要はないと伝えた。新型コロナウイルスのデルタ変異株がまん延する中、平常の作業慣行の再開を延期する大手企業が増えている。

  アマゾンは5日の電子メールで、1月3日の週のオフィス勤務再開を計画するよう従業員に伝えた。同社は先に、米国などのオフィスワーカーが9月7日の週から大部分出社することを期待するとしていた。オフィス復帰方針の変更はニュースサイトのギークワイヤが先に報じていた

  同社の広報担当はオフィス復帰の日付は確認したが、復帰計画についてのコメントは控えた。

  アマゾンはワシントン州シアトルおよび近郊地域で約7万5000人の従業員を抱える。このほかサンフランシスコ・ベイエリア地域、ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス近郊地域に主要オフィスがあり、首都ワシントン近郊の敷地では新キャンパスが建設中だ。

  アマゾンはこれまでのところ、オフィスワーカーや倉庫・物流スタッフに対し、コロナワクチンの接種は義務付けていない。

  やはりシアトル近郊を本拠とする米マイクロソフトは今週初め、オフィス復帰を10月に先延ばしした。

グーグル、オフィス復帰を10月に延期-勤務者にワクチン義務化も

アップル、オフィス復帰を早くても10月まで延期-関係者 (1)

原題:Amazon Delays Return-to-Office Plan Until January on Virus Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE