コンテンツにスキップする

バイデン大統領、香港市民に最長1年半の米滞在許可-中国の抑圧指摘

バイデン米大統領は香港の政治的自由に対する中国政府の取り締まりに言及し、現在米国内にいる香港の人々に最長1年6カ月の米国滞在を許可した。

  どれくらいの人数が今回の措置の対象になるかは現時点で明らかでない。

  バイデン氏は文書で「香港で保障されている自由を奪われた人々に避難の場を提供することは、同地域での米国の利益を促進する」と説明。「香港の人々に対する米国の支援は揺るがない」とも言明した。

  一時的な避難が認められた香港市民は就労許可を申請することもできる。5日時点で米国に継続的に居住していたことが、米国からの送還を免れる条件。有罪判決を受けていたり、送還の対象になっていたりする人は新たな保護の対象とならない。

原題:Biden Lets Hong Kong Residents Stay in U.S., Cites Crackdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE