コンテンツにスキップする

米国、訪米外国人にワクチン接種完了義務付けを検討

  • 米国では感染力の強いデルタ変異株の広がりで感染者が急増
  • 省庁間の作業部会が海外との往来に関する計画を立案中

米政府は訪米外国人全員に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種完了を義務付ける計画を検討している。ホワイトハウス当局者が明らかにした。

  米国では感染力の強いデルタ変異株の広がりで感染者が急増。今後数週間はワクチン未接種者の間で感染拡大が続くと当局者らはみている。

  省庁間の作業部会は海外との往来に関する計画を立案中で、国境再開後に実施する意向だ。計画には、一部の例外を除き米国への外国人渡航者にワクチン接種完了を義務付ける段階的アプローチが盛り込まれるという。

  計画を巡る協議については、ロイター通信が先に報じた

原題:U.S. weighs requiring vaccinations for all foreign visitors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE