コンテンツにスキップする

トルコ大統領、型破りな持論繰り返す-利下げがインフレ抑制と主張

ISTANBUL, TURKEY - JUNE 26: Turkish President Recep Tayyip Erdogan makes a speech during groundbreaking ceremony for Sazlidere Bridge, part of Canal Istanbul mega-project, in Istanbul, Turkey on June 26, 2021. (Photo by Murat Kula/Anadolu Agency via Getty Images)
ISTANBUL, TURKEY - JUNE 26: Turkish President Recep Tayyip Erdogan makes a speech during groundbreaking ceremony for Sazlidere Bridge, part of Canal Istanbul mega-project, in Istanbul, Turkey on June 26, 2021. (Photo by Murat Kula/Anadolu Agency via Getty Images) Photographer: Anadolu Agency/Anadolu

トルコのエルドアン大統領は4日、金利を引き下げることでインフレのさらなる加速を防ぐことができるとする持論をあらためて示した。

  エルドアン氏はAハベルテレビとのインタビューで、「高金利はもういらない。高金利はインフレ上昇をもたらすからだ」と述べた。

  エルドアン氏が金利引き下げを求めるのはこの2カ月で2度目で、対ドルでリラ安を招く恐れがある。トルコの7月の消費者物価は前年同月比18.95%上昇と、6月の17.53%上昇から伸びが加速。同氏はインフレ率が8月にピークを迎える可能性があると指摘した。

トルコのインフレ、7月も予想以上の加速-食品・エネルギー値上がり

  同氏は「金利引き下げに移行しつつあるため、これからインフレがさらに加速することはあり得ない」と指摘。この発言は「どこかに向けたメッセージ」だとしたものの、中央銀行に向けたものかどうかは明言しなかった。

  エルドアン氏は、借り入れコストの引き下げが物価上昇のペースを抑え、経済活性化につながるという一般的ではない持論を展開しており、中銀に政策金利の引き下げを繰り返し求めてきた。

原題:Erdogan Says Turkey Rate Cuts Will Bring Lower Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE