コンテンツにスキップする

ロビンフッド株、一時82%高-ウッド氏に続き個人投資家が殺到

更新日時
  • 終値は50%高の70.39ドル、時価総額は一時650億ドルに達した
  • ロビンフッド株オプション取引が株価ボラティリティー高めた可能性

4日の米株式市場で、手数料ゼロの株式取引アプリを運営するロビンフッド・マーケッツが急伸し、前日比50%高で終了した。キャシー・ウッド氏のファンドに追随する個人投資家の買いがなだれ込んだ。

  ロビンフッドの株価は一時82%高の85ドルに上昇。その後は上げ幅を縮小し、70.39ドルで取引を終えた。こうしたボラティリティーで売買停止措置が少なくとも3回発動された。熱狂的な買いを追い風に同社の時価総額は一時650億ドル(約7兆1000億円)に達した。先週のナスダック上場後は291億ドルだった。

Robinhood shares spike as much as 82% as retail investors pile in

  オアンダのシニア市場アナリスト、エド・モヤ氏は「以前にも見たことのある光景であり、ロビンフッド株の上げ下げは多くのトレーダーにとって良い終わりとはならないだろう」と予想。政府がペイメント・フォー・オーダーフローの手法にルールを適用すれば、ロビンフッドの収益構造に疑問符がつくと指摘した。

  上場初日はさえなかったが、この数営業日で個人投資家の買いが強まった。バンダ・セキュリティーズのデータによると、リテール投資家によるロビンフッド株の売買は、3日に1940万ドル相当の買い越しだった。個人投資家向けプラットフォームで6番目に多く買われ、11番目に多く取引された銘柄だった。

  一部のトレーダーによると、ロビンフッド株オプションの取引データの一部が初めて入ってきた。ロビンフッド株オプションで4日の出来高が最大だったのは権利行使価格70ドルのコール(8月20日満期)。個別株オプションは企業の新規株式公開(IPO)後、少なくとも3日間までは取引できない。オプション取引が株価のボラティリティーを高めた可能性がある。

relates to ロビンフッド株、一時82%高-ウッド氏に続き個人投資家が殺到
関連記事

キャシー・ウッド氏のアーク、ロビンフッドの強い味方-上場初日購入

ロビンフッド株24%上昇、終値で公開価格初めて上回る-時間外も堅調

原題:Robinhood Surges as Retail Traders Join Wood to Power Rally (2)(抜粋)

(株価を終値に更新し、アナリストやトレーダーの見方を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE